内田未来楽校

内田未来楽校概要

  内田未来楽校は、昭和3年建築の木造校舎。昭和40年、民間に払い下げられ工場・作業場として使用されてきました。平成24年末に売りに出され取り壊しの危機となり、地域住民・支援者を中心に「報徳の会」を平成25年5月立ち上げ、5年計画で校舎を買収することとしました。これまで、地域の自然や歴史など足元の資源を活用した事業(メダカの学校訪問、里山ハイキング等)、教室を利用しての展示会等を定期的に開催し、子供からお年寄りまでが楽しめる事業を実施しています。

 これらの活動をとおして、当会では地域を取巻く社会・自然環境が大きく変化する時代であっても、地域住民が活き活きと活動し、一人ひとりの生活・こころが豊かになり、人と人のつながりがある地域社会を目指しています。